アゼリアガーデン

訪問リハビリ通信VOL.35    平成30年6月

訪問リハビリ Daily Note

 

《むくみ(浮腫)について》

  訪問リハの利用者さまから、「むくみ(浮腫)はどうしたらいいですか?」とよく尋ねられます。むくみとは、皮膚の下にある皮下組織の部分に、余分な水分が溜まっている状態をいいます。多い症状としては、手足や顔が腫れぼったくなります。通常は下腿から足部にかけて、寝たきりの方の場合は背中や臀部にむくみを認めます。

  

1.むくみの原因

  むくみの原因はいろいろありますが、そのうち代表的なものを紹介します。

①長時間同じ姿勢で過ごす

  心臓から送り出された血液は全身を回って心臓に戻りますが、長時間同じ姿勢で過ごすと血液の流れが悪くなります。心臓から遠い足は血流が悪くなりやすく、重力の影響も受けることで、血液中の水分が血管外にしみ出しやすくなり、また血管内に水分が戻りにくい状態になります。

②水分や塩分のとりすぎ

  水分や塩分を多くとりすぎてしまうことで、血管の中の水分が増え、外にしみ出しやすくなります。

③むくみを引き起こす主な疾患

  むくみを引き起こす代表的な疾患は、心不全などの心疾患、急性腎炎などの腎疾患、肝硬変などの肝疾患などがあります。その他、手術でリンパ管やリンパ節を切除した場合にも、局所的なむくみが起きやすくなります。

2.予防のアドバイス

①適度に体を動かす

  家の中で過ごしていると、長時間同じ姿勢で過ごすことが多くなりますので、時々姿勢を変える、あるいはストレッチを行うことで筋肉の柔軟性を保つことが大切です。むくみ予防には弾性ストッキングも血流が良くなり有効です。

②しっかりと温める

  入浴や手浴、足浴を行い、血流を良くすることがむくみ予防や解消につながります。

  

  

  

③塩分を控える

  塩分を取りすぎることで、むくみを起こす場合があります。日々の生活の中での食生活を見直すことも大切です。

  

  むくみ予防の実践は、健康増進にもつながります。ぜひ続けてみてはいかがでしょうか?

(PT田中)

居宅介護支援事業所のケアマネジャーさんへ

アゼリアガーデン・訪問リハビリセンターでは、訪問リハビリのご利用申し込みをお受けしています。

電話連絡にて、利用希望をお伝えのうえ、お手持ちの情報をお送りいただければ結構です。

【訪問リハビリの空き状況】

 

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

PT・OT

ST

PT・OT

ST

PT・OT

ST

PT・OT

ST

PT・OT

ST

午前

午後

○ 空きがあります  △ ご相談ください  ― 空きはありません

お問い合わせ先

京都府長岡京市友岡4-114

アゼリアガーデン・訪問リハビリセンター

TEL:075-957-1112

FAX:075-957-0160

  • 交通アクセス
  • 送迎バスのご案内
  • 個人情報保護方針
  • カフェ&ブティック パピヨン
  • お見舞いメール
▲PAGE TOP