当院について

応接室の風景

当院はメンタルヘルスケア(精神科・心療内科)専門病院であり、昭和10年6月25日の開設以来、精神疾患を抱える人とその ご家族、関係者および地域の人々に対し、安心と満足を提供することを目指してきました。

平成15年4月には全館新改築 が完了し、精神科急性期治療病棟、精神療養病棟、老人性認知症疾患療養病棟など機能別に病棟を配置することで、 多様化している精神疾患の入院ニーズに応えることが可能となりました。またデイケアや当財団の自立訓練事業所、多機能型事業所、相談支援事業所・地域活動支援センター、訪問看護ステーションなどと連携し、入院中心医療から地域参加を目指した精神科リハビリテーションにも力を入れています。平成19年度からは、京都府精神障害者退院支援事業にも取り組んでいます。平成21年度からは、認知行動療法を含む外来カウンセリングを開始するとともに、外来・入院を問わず心理的支援プログラムの充実を図ってまいりました。さらに、精神疾患を抱えながら在宅生活を送られている方に向けて、訪問看護、アウトリーチ支援を行っています。また、ご家族を対象とした家族教室も定期的に開催するなど、病院治療から地域生活支援までのトータルサポートを展開しています。今後は病診連携・病病連携を含めた地域移行支援および地域生活支援を充実させるためにできることを職員全員で考えてまいります。

院長ご挨拶

長岡ヘルスケアセンター(長岡病院) 院長 畑 典男

現代は、「こころの健康」を保つことが難しい社会です。ストレス、うつ、不安、不眠といった言葉を社会で聞かない日はありません。仕事や学業を頑張りすぎて知らぬうちにこころの疲れが蓄積し、不安障害やうつ病が生じることも増加しています。自殺者が後を絶たないことも深刻な社会問題です。児童思春期から高齢者の方まで、こころの問題はさまざまで、生育歴、性格、家庭環境、経済状況、職業、健康状態、人間関係などから、お一人おひとりが違った症状であると言っても過言ではありません。

このように多岐にわたるこころの問題に対して、長岡ヘルスケアセンター(長岡病院)は、医師、看護師、薬剤師、作業療法士、精神保健福祉士、臨床心理士、管理栄養士など多職種間の院内連携により、それぞれの方にできるだけ適した総合的な精神医療サービスの提供に努めています。専門技術をもつ職員が、患者さまの健康回復に少しでもお役に立てることを願っています。

長岡ヘルスケアセンター(長岡病院) 院長 畑 典男

ミッション(理念)

私たちは、心を病む人々とそのご家族、

関係者および地域の人々に対し、

安心と満足を提供することをめざしている

メンタルヘルスケア専門病院です。

豊かな経験のうえに

新しい技術を取り入れた専門スタッフが

誠実と信頼に基づいた最高のチームワークで、

ひとりひとりに合わせた

予防・治療・リハビリテーションを提供します。

また、開かれた病院として、

まわりの人々すべてに、

さまざまな情報提供や

広報活動・教育活動などを積極的に行い、

地域に貢献していきます。

1.個人の尊厳が大切にされます。

2.安全で、よい医療を公平、継続的に受けることが保障され、かつ質の高い生活への配慮がなされます。

3.治療に関する充分な説明を受け、自分のことを自分で決めることが保障されます。

4.健康に関する知識や情報を得ることができます。

5.患者さまの信条、価値観が尊重され、苦情や意見を述べることが保障されます。

6.患者さま個人の情報および日常のプライバシーが保護されます。

概要

名 称 長岡ヘルスケアセンター(長岡病院)  
設置主体 一般財団法人 長岡記念財団  
所在地

〒617-0843 京都府長岡京市友岡4丁目18番1号

TEL(075)951-9201(代)

FAX(075)954-1210

 
開 設 昭和10年6月25日  
院 長 畑 典男  
診療科目 精神科・心療内科・内科・歯科  
病床数 441床   
●精神科   
精神科急性期治療病棟 88床
精神一般病棟 192床
精神療養病棟 108床
●介護療養型医療施設  
老人性認知症疾患療養病棟 53床
施設基準 精神科急性期治療病棟入院料1
15:1精神病棟入院基本料
精神療養病棟入院料
看護配置加算
看護補助加算1
入院食事療養(1)
薬剤管理指導料
医療安全対策加算2
患者サポート体制充実加算
精神科デイ・ケア「大規模なもの」
精神科デイ・ナイト・ケア
精神科ショート・ケア「大規模なもの」
精神科作業療法
認知療法・認知行動療法
医療保護入院等診療料
精神科応急入院施設管理加算
精神科地域移行実施加算
診療録管理体制加算
臨床研修病院入院診療加算(協力型)
救急医療管理加算 
精神科身体合併症管理加算
精神科救急搬送患者地域連携受入加算
医師事務作業補助体制加算100対1
 
職員数 419名(平成26年12月1日現在)  
医師 25名(内、精神保健指定医14名)
看護師 173名
准看護師 55名
看護助手 91名
薬剤師 10名
管理栄養士 7名
放射線技師 1名
臨床心理士 10名
作業療法士 12名
精神保健福祉士 13名
介護支援専門員 1名
歯科衛生士 1名
調理師 2名
その他職員 18名
▲PAGE TOP